成安造形大学演劇部 「劇団テフノロG」

2013年度よりブログが移転しました。
新しいブログはこちらです。
⇒http://tefnolog.blog.fc2.com/

(尚、移転に伴いこちらのサイトはログとして保存されます。)
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
tefnoloG


PROFILE
次回公演情報
Coming Soon...
CONTACT
MOBILE
qrcode
Others
<< ___ | main | 京都学生演劇祭2013「空想世界の平均律」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | このページのトップへ
はるうらら
京都学生演劇祭が終わり、先週やっとその打ち上げができて、これでやっと一段落ついたな、と思いました。

随分ロングパスになってしまいましたが、京都学生演劇祭2013にお越し頂いた皆様、そして、この公演に関わって下さった運営委員さん、スタッフさん、外部から参加して下さった方、なによりテフノロのみんな、本当にありがとうございました。

演劇祭が終わってからこの記事、書いては消し書いては消ししてたのですが、本日そろそろ新歓についての記事を書かなくてはいけなくなったので、いいかげん手放して次へ進もうと思います。

色んなことが起こりすぎて、2〜3月は一瞬のような、もしくは何年もあったような、そんな、まさに夢を見ているような期間でした。
ごくごく個人的なことになりますが、一番足掻いた期間でもあります。
掴みたいものがたくさんあって、それに手を伸ばすのに必死で必死で、自分だけでなく周りの人まで溺れさせてしまってたくさん迷惑をかけてしまいました。
それでも私が何を見て何に手を伸ばしているのかを見ようとしてくれた役者さん達、練習を見に来てくれた部員の人達、ほんとうにありがとうございました。
少ない練習期間の中合わせて下さったオペさんも、ほんとうにありがとうございました。

直接的なことを書いちゃうとなんか多分本意と違った感じになっちゃうので、ふわあっとした書き方しかできなくてすみません。

至らぬところがありすぎて悔しくてしかたないところもたくさんあって、終わって一ヶ月経つのにどんどん反省点が見えてきます。
それでもポジティブにポジティブに、次に繰り返さないための悔しさだったんだ、と言えるよう、次からの公演を全力でサポートしていきたいと思います。

もしかしたらちゃんと参加できるのは今年で終わりになるかもしれません。
来年に向けて、後輩と、まだ見ぬ新入生に、2年間学んだことを少しでも伝えていけたらと思います。

くずきり@ちょうまじめ
| 稽古日誌 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック